メニュー 閉じる

47NEWS

文化

文化

ORICON

全国52参加新聞社と共同通信のニュースを束ねた47NEWSにオリコンがエンタメニュースを提供。芸能、音楽、映画・アニメなどの旬な話題を掲載しています。

高畑勲さんお別れの会 宮崎駿監督が涙「パクさんのことを忘れない」

2018.5.15 11:31
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
高畑勲さんとの思い出を涙ながらに語った宮崎駿監督
高畑勲さんとの思い出を涙ながらに語った宮崎駿監督
 4月5日に亡くなった映画監督・高畑勲さん(享年82)のお別れ会が15日、東京・三鷹の森ジブリ美術館で営まれた。会の委員長を務めた宮崎駿監督は、開会の辞で「パクさん」と呼んだ高畑さんの監督としての才能を称えながら、思い出を涙ながらに振り返った。

【写真】メガネを外し涙する宮崎駿監督

 宮崎監督は「ものすごく朝が苦手な男でして、東映動画(当時)に勤めたとき、ぎりぎりに駆け込んで買ってきたパンをパクパクと食べて水道の蛇口からそのまま水を飲んでいたから、パクさんとなったといううわさです」と呼び名の由来を紹介してから、「パクさんは95歳まで生きると思いこんでいた。自分にもあんまり時間がないんだと思う」と盟友との出会いを明かした。

 「1963年、パクさんが27歳、僕が22歳のときに初めて出会いました。初めて言葉を交わした日のことを今でもよく覚えています。バス停にいるとき、雨上がりの水たまりの残る道を一人の青年が近づいてきた。『瀬川拓男さんのところに行くそうですね』。穏やかで、かしこそうな青年の顔がそこにあった。それが高畑勲ことパクさん出会った瞬間だった」。

 東映動画時代には夢中で語りあったこと、『太陽の王子 ホルスの大冒険』製作時のエピソードに触れながら、「なんという強い絵、圧倒的な絵、なんという優しさなんだろう。パクさんは仕事を成し遂げていた」と声を震わせ、「偉い人たちから『あの頃が一番面白かった』と言われた。パクさん、僕らはあの時、生きたんだ。ありがとうパクさん」と何度も涙を拭い、「55年前、あのバス停で声をかけてくれたパクさんのことを忘れない」と別れを惜しんだ。

 祭壇は「高畑さんを野に咲く花たちで囲みたい。高畑監督の作品にあるどれかでもなく、『祭壇風』でもない。ただ、温かみのある草花たちで包み込みたい」という宮崎監督の想いで飾られた。高畑さんの監督作『おもひでぽろぽろ』にちなんで紅花を飾り、そのほかフランスから叙勲された勲章を『パンダコパンダ』のお父さんパンダを胸につけた。フレデリック・バックさんからもらった人形、『かぐや姫の物語』の羽子板など、家族で送った葬儀のときに飾られていたものが展示室内に置かれた。

 会には山田洋次監督、富野由悠季監督、岩井俊二監督、樋口真嗣監督、俳優の柳葉敏郎、女優の宮本信子、瀧本美織らが参列した。

 高畑さんは、1959年に東映動画に入社し、アニメーション演出家の道を歩み始めた。68年に『太陽の王子 ホルスの大冒険』で劇場用長編アニメを初監督し、同作ではリアリズムと人間描写、ドラマ性を追及し、アニメで現代的なテーマを深く描き出した。『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』『赤毛のアン』などのテレビシリーズを演出した後、85年に宮崎監督とスタジオジブリを設立。『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』『平成狸合戦ぽんぽこ』『ホーホケキョとなりの山田くん』『かぐや姫の物語』などの名作を送り出した。

ORICON NEWSは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

関連記事一覧