×
メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

谷まりあ「環境保全の手伝いできたら」 自然界で分解されやすいマスク

2022.8.17 17:51 共同通信

  モデルの谷まりあが、使い捨てマスク「ECOthical Mask(エコシカルマスク)」をPRするアンバサダーに選ばれ、東京都内で開かれた就任式に出席した。自然界で分解されやすい素材を使った製品。谷は「このマスクを多くの人に広めることで、環境保全のお手伝いができたら」とあいさつした。

イベントに登場した谷まりあ=東京都港区
イベントに登場した谷まりあ=東京都港区

 

 就任に当たり、捨てられたマスクの一部が長期間、分解されずに海中を漂い、生き物に被害を与えていることを学んだという。「自分を守るために使うマスクが、環境を破壊してしまう。大変な課題だと感じました」

 日頃からエコを意識した行動を心がけている。「マイボトルを持ち歩いたり、物を長く使うようにしたり。最近はファッションにもサステナブル(持続可能)な素材を使ったアイテムが増えたので、取り組みやすくなったと思う」と語った。

 続いてお笑いトリオ「ジャングルポケット」(斉藤慎二、太田博久、おたけ)が加わり、谷の補佐役の座を懸けて、3人で環境問題に関するクイズ対決に挑んだ。

 審査員となった谷が、評価のポイントに「積極性」を挙げたことから、3人とも正解そっちのけでボケを連発。会場の笑いはいまいちだったが、めげずにボケ続けたおたけが補佐役に選ばれた。

 さっそく「補佐役としてのアピール」を求められたおたけ。なぜかマスクではなく実家のもんじゃ焼き店の宣伝を始め、谷を困惑させた。

イベントに登場した(左から)太田博久、おたけ、谷まりあ、斉藤慎二=東京都港区
イベントに登場した(左から)太田博久、おたけ、谷まりあ、斉藤慎二=東京都港区