×
メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

道枝駿佑と福本莉子の号泣映画対策   バケツを抱え、さらに…

2022.8.12 17:35 共同通信
舞台あいさつに登場した道枝駿佑(左)と福本莉子=東京都港区
舞台あいさつに登場した道枝駿佑(左)と福本莉子=東京都港区

 

 映画「今夜、世界からこの恋が消えても」の大ヒット御礼舞台あいさつが東京都内で開かれ、アイドルグループ「なにわ男子」の道枝駿佑と、俳優の福本莉子が登場した。

 眠りにつくとその日の記憶を失ってしまうヒロイン(福本)と、そんな彼女を献身的に支えつつも、自らもある秘密を抱える主人公(道枝)のはかなくも切ない恋物語。公開直後から「この夏一番泣ける」「涙腺崩壊」などの反響が多数寄せられたことから、映画観賞にぴったりな「泣きグッズ」が舞台上に運び込まれた。

サングラスをかける福本莉子=東京都港区
サングラスをかける福本莉子=東京都港区

 

 グッズの中からサングラスを選んだ福本は「涙でメークが崩れても、ばれない。映画を見ている時はかけないでほしいですけどね」とすまし顔で語った。

バケツを持つ道枝駿佑=東京都港区
バケツを持つ道枝駿佑=東京都港区

 

 道枝は、映画のお供であるポップコーンの容器を抱えるような格好でバケツを持って「涙を拭うのではなくて、バケツに垂れ流し状態で落とす」と提案。福本も「こすると目が腫れちゃうから、そっちの方がいいかもね」とうなずいた。