×
メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

「戦争が近い」今、沖縄題材舞台再演 「cocoon」の藤田貴大

2022.7.21 15:30 共同通信
稽古に臨む藤田貴大
稽古に臨む藤田貴大

 

 太平洋戦争末期の沖縄戦で動員された少女らがモチーフとなった舞台「cocoon」が東京で幕を開けた。7年ぶりの再演。劇団「マームとジプシー」を主宰する劇作家で演出家の藤田貴大は「今は戦争が近いと感じる。その可能性があると思う感覚が2015年とは全然違う」と言い、大幅に手を加えた脚本と演出でツアーに取り組む。(共同通信=高橋夕季)

 
 2月には、水をモチーフに、沖縄の現在と過去を交差させた新作「Light house」を那覇文化芸術劇場で発表。米軍基地問題にも向き合った。間もなく、ロシアがウクライナへ軍事侵攻した。
「cocoon」の舞台写真=2015年
「cocoon」の舞台写真=2015年

 

 「戦争は人ごとではないんですよ、と必死に訴えていた」という15年の公演。少女たちの抽象的なせりふが反復されることで、観客に臨場感と、作品に没入するような身体的共感をもたらす演出が、反響を呼んだ。

 しかし今、人々は報道で日々、惨状を目の当たりにして「一人一人の中に、既に戦争がセットされている」。7年前よりも、具体的に沖縄戦の実態を知ってもらう段階にあると考えた。「作品と距離を保って、冷静に理解してほしい」と、地上戦がどのように進んでいったのか、脚本には史実を時系列で組み込んだ。

 ツアーは新型コロナウイルスの感染拡大で延期され、沖縄の日本復帰50年に重なった。「その数字がなくても沖縄の歴史を近くの人と話していたい」

「cocoon」の稽古風景(松本尚文撮影)
「cocoon」の稽古風景(松本尚文撮影)

 

 「cocoon」の公演日程は次の通り。23、24日長野・サントミューゼ上田市交流文化芸術センター、30、31日京都芸術劇場春秋座、8月6、7日愛知・穂の国とよはし芸術劇場、14日北九州芸術劇場、20、21日那覇文化芸術劇場なはーと、9月2~4日彩の国さいたま芸術劇場、17日北海道・だて歴史の杜カルチャーセンター、23日北海道士別市・あさひサンライズホール