×
メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

「緊張している自信あり」と子役たち 神木隆之介、新垣結衣と登壇

2022.6.28 15:30 共同通信
完成披露試写会に登場した(前列左から)サニーマックレンドン、柴崎楓雅、城桧吏、吉村文香、山崎貴監督、(後列左から)神木隆之介、新垣結衣=東京都文京区
完成披露試写会に登場した(前列左から)サニーマックレンドン、柴崎楓雅、城桧吏、吉村文香、山崎貴監督、(後列左から)神木隆之介、新垣結衣=東京都文京区

 

 児童文学者斉藤洋さんの人気童話シリーズを原作にした、冒険ファンタジー映画「ゴーストブック おばけずかん」(7月22日公開)の完成披露試写会が東京都内で開かれた。俳優の城桧吏、山崎貴監督らが舞台あいさつした。

 オーディションで選ばれ、主人公を演じた城は、山崎監督から「運命の子どもたちに出会えた」と絶賛されると、照れ笑いを見せた。

 作品は、どんな願い事もかなえてくれる本「おばけずかん」を手に入れた一樹(城)たちを待ち受ける、試練や出会いを描く。子どもたちと一緒に冒険する先生役を新垣結衣が、物語の鍵を握る古本屋の店主役を神木隆之介がそれぞれ演じた。

舞台あいさつする城桧吏=東京都文京区
舞台あいさつする城桧吏=東京都文京区

 

 城は「プレッシャーもあったが、みんなに支えられ、乗り切れました」と撮影を振り返り、一樹の仲間を演じた柴崎楓雅は「たくさんの方を目の前にし、ワクワクしています」。本作が映画デビューのサニー役サニーマックレンドンが「緊張しています」と打ち明けると、湊役の吉村文香も「サニー以上に緊張している自信があります」と話し、笑いを誘った。

 子役4人を温かい目で見ていた神木。実際の共演は少なかったと言い、「僕の役が試練を与え、見守る側ということもあって、子どもたちがどういうふうに成長していくのかは、完成するまで分からなかった」。完成作を見て「純粋に『自分も頑張ろう』と思えた。真っすぐな気持ちが大事だなと教えてもらった」と語った。新垣は「世界観が良かった。子どもも大人も楽しめる映像やエピソードで、勇気をもらえるメッセージがあります」とアピールした。

映画「ゴーストブック おばけずかん」の一場面<(C)2022「GHOSTBOOK おばけずかん」製作委員会>
映画「ゴーストブック おばけずかん」の一場面<(C)2022「GHOSTBOOK おばけずかん」製作委員会>