メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

「村上春樹を読む」(105)名づけを巡る強いこだわり 再読『羊をめぐる冒険』

2020.7.2 16:53 小山鉄郎

 承前と記すべきでしょうか。  前回の「村上春樹を読む」の最後に少しだけ書いた『羊をめぐる冒険』(1982年)の「先生」と呼ばれる右翼の大物の車の「運転手」と「僕」の会話について紹介したいと思います ...

関連記事 一覧へ