メニュー 閉じる

47News

文化

文化

『汚れたダイヤモンド』 過剰さに満ちた演出と色使いで描く復讐劇 

2017.9.19 8:02
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
(C)LFP‐Les Films Pelleas / Savage Film / Frakas Productions / France 2 cinema / Jouror Productions

(C)LFP‐Les Films Pelleas / Savage Film / Frakas Productions / France 2 cinema / Jouror Productions

 フランスの新鋭監督アルチュール・アラリの長編第1作。シェイクスピアの『ハムレット』を下敷きに、“父と息子”という普遍的なテーマを扱った復讐劇だ。パリで強盗一味に属する主人公が、父親のみじめな死を知 ... [記事全文]

関連記事一覧