メニュー 閉じる
文化

文化

『僕たちは希望という名の列車に乗った』 高校生の正義感が巻き起こした国家的事件の真相

2019.5.21 8:08 森田真帆
(C)Studiocanal GmbH Julia Terjung

(C)Studiocanal GmbH Julia Terjung

 舞台は1956年の東ドイツ。ソ連支配下のハンガリーで、民衆が蜂起して数千人が亡くなったというニュースを聞いた高校生が、ハンガリー国民の姿に影響されて「みんなで2分間の黙祷を捧げよう」と提案します。 ...

森田真帆

名前 :森田真帆

プロフィール:もりた・まほ 1980年生まれ。ライター。18歳で渡米後、ハリウッドで映画製作の現場スタッフとして働いた後、20歳で帰国。1人でも多くに映画の魅力を伝えたい!という思いで活動中。昭和24年創業の別府ブルーバード劇場に惚れ込み、プログラムアドバイザーを務める。

関連記事 一覧へ