『俺と師匠とブルーボーイとストリッパー』桜木紫乃著 自分にしか行けない道を行く者たち

2021年03月26日
エンタメ
小川志津子

 主人公は、20歳の青年「章介」だ。博打にまみれた父が死に、その骨壷を母が、章介の住むボロアパートに置いてどこかへ消えた。北海道の東のはずれにあるキャバレーで、ショータイムの照明係として働く彼は、なす ...

記事全文を読む