メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

『藁の王』谷崎由依著 書くことの恐怖と快楽

2019.5.24 7:09 共同通信記者 田村文

 最近、井上ひさしの直木賞受賞作『手鎖心中』を再読した。語り手は、絵草紙作者志望の近松与七。戯作者として成功している山東京伝に、与七が教えを請う場面がある。京伝は「戯作などというものは、教えるべきも ...

田村文

名前 :田村文

肩書き:共同通信記者

プロフィール:たむら・あや 1965年埼玉県生まれ。共同通信記者。2012年から週1 回の連載「本の世界へようこそ」を執筆、配信。趣味は山登り、と言いたいところですが、最近はもっぱらトレッキング。そしてマラソン(タイムは内緒)。

関連記事 一覧へ