メニュー 閉じる

47NEWS

文化

文化

『背中の地図』金時鐘著 人の痛みを痛む詩人

2018.7.13 7:07 共同通信記者 田村文
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

「時代」という魔物は、自らの記録者を選び、その首根っこをつかまえて離さない。選ばれてしまった詩人や作家は、その運命を黙って受け入れ、苦難の道を歩むしかない。金時鐘はそういう書き手の一人だと思う。   ...

田村文

名前 :田村文

肩書き:共同通信記者

プロフィール:たむら・あや 1965年埼玉県生まれ。共同通信記者。2012年から週1 回の連載「本の世界へようこそ」を執筆、配信。趣味は山登り、と言いたいところですが、最近はもっぱらトレッキング。そしてマラソン(タイムは内緒)。

関連記事 一覧へ