メニュー 閉じる

47News

文化

文化

『満潮』朝倉かすみ著 自意識という名の厄介なもの 

2017.2.3 12:10 小川志津子
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 たいていのことは、経験を重ねれば、うまく操れるようになっていく。自転車だって、いったん乗れるようになってしまえば、もはや乗れなかった頃の恐怖を思い出すことはほぼない。けれど、どうしても制御不能なシ ... [記事全文]

小川志津子

名前 :小川志津子

プロフィール:おがわ・しづこ 1973年神奈川県出身。フリーライター。第2次ベビーブームのピーク年に生まれ、受験という受験が過酷に行き過ぎ、社会に出たとたんにバブルがはじけ、どんな波にも乗りきれないまま40代に突入。それでも幸せ探しはやめません。

関連記事一覧