田村セツコ85歳、少女描き続け 東京・弥生美術館で原画200点など

2023年01月25日
共同通信共同通信
「ドッペルゲンガー」(ⓒ田村セツコ)
「ドッペルゲンガー」(ⓒ田村セツコ)

 

 【カワイイを体現】


 「田村セツコ展 85歳、少女を描き続ける永遠の少女」が東京都文京区の弥生美術館で開かれている。3月26日まで。


 1938年に東京で生まれた田村さんは女性イラストレーターの先駆け。58年のデビューから現在まで「カワイイ」の体現者として活躍し続け、近年は「すてきなおばあさん」としても注目されている。

田村セツコさん
田村セツコさん

 

 児童書「おちゃめなふたご」など世代を超えて愛される物語に描いた挿絵や、昨年出版したイラストエッセー「白髪の国のアリス」などの原画約200点を展示。70年代の少女たちを夢中にさせた手帳にハンカチ、アクセサリーといった「セツコ・グッズ」もある。


 月曜休館。入館料は一般千円など。問い合わせは同館、電話03(3812)0012。

「おちゃめなふたごのさいごの秘密」(ポプラ社 1986年)ⓒ田村セツコ
「おちゃめなふたごのさいごの秘密」(ポプラ社 1986年)ⓒ田村セツコ