メニュー 閉じる

47News

文化

文化

なるほど漢字物語

文化勲章を受けた漢字学者の白川静さん(故人)の研究を基にして、漢字の体系的な仕組みを楽しく伝える企画です。

(277)「低」 人の身長や姿勢の低いこと 

2014.1.16 11:48
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 「底」と「低」は「そこ」と「ひくい」という意味の字ですので、漢字を学び始めたころにも、何となく関係がありそうなことがわかりますね。

kanzitei.JPG

 「 抵抗 (ていこう) 」の「抵」、「 邸宅 (ていたく) 」の「邸」にも同じ「 uji.gif (てい) 」があります。それと「底」「低」の関係はどうでしょう。これらの文字の関係をすべて合わせた、その成り立ちを考え、説明するのが文字学というものです。

 しかも「uji.gif 」は「氏」の下に「一」を加えた字です。この関係も説明できるものでなくてはいけません。その 紹介 (しょうかい) です。

 「氏」は 先祖 (せんぞ) の祭りの 際 (さい) に 供 (そな) えた肉を切るナイフの形を字にしたものです。「uji.gif 」の「氏」もナイフです。そのナイフで底辺を 削 (けず) って平らにする文字が「uji.gif 」です。「一」は削られて平らになった底辺のこと。「 广 (まだれ) 」は建物の屋根の形なので、「底」は家の底辺の平らなところのことです。

 「低」の「uji.gif 」もナイフで底を削って低く平らにすることです。それに「人」を加えて人の身長の低いこと、人が 姿勢 (しせい) を低くすることを「低」といい、そこからすべての「ひくい、ひくめる」の意味になりました。

 次は「抵抗」の「抵」です。「uji.gif 」にはナイフで底を削りとって低く平らにするので、力を加えて他を 排除 (はいじょ) する意味があります。それに「 sakuji2_2.gif(てへん) 」を加えて、抵抗する、またはその抵抗を排する意味があります。「おす、こばむ」などの意味です。

 「邸宅」の「邸」の「uji.gif 」もナイフで底を削り、低く平らにすることで、これは低くて平らな一区画のことです。元は 諸侯 (しょこう) が都に参上した時に 宿泊 (しゅくはく) する 屋敷 (やしき) のことでした。「 邸閣 (ていかく) 」という言葉があります。邸閣は 軍需 (ぐんじゅ) 用の器物や 食糧 (しょくりょう) を 貯蔵 (ちょぞう) する建物のことでした。後に旅館や 私人 (しじん) の 豪邸 (ごうてい) などをいうようになりました。

 「uji.gif 」をふくむ字をもう一つ。それは「 砥石 (といし) 」の「砥」です。この場合の「uji.gif 」はナイフで底を削り取るという意味ではなくて、石でナイフの 刃 (は) を研ぐ形です。(共同通信編集委員 小山鉄郎)

【編注】今回テーマの漢字「低」は小学4年生で学ぶ漢字です。「底」も小学4年生で学ぶ漢字です。

最新記事

関連記事一覧