×
メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

生きもの大好き

動物園や水族館にはさまざまな生きものがいる。その魅力(みりょく)を探ろう。

(684)私服で来ると逃げないのに… ショウジョウトキ 

2022.1.7 13:00

 

木の上のショウジョウトキ。近くで見ていても逃げない
木の上のショウジョウトキ。近くで見ていても逃げない

 

徳島市のとくしま動物園のフライングケージは入り口が高い場所にある。展望台のような所に進むと、目の前の木に、全身真っ赤な鳥が止まっていた。ショウジョウトキだ。そこからスロープをおりて行く。道のすぐわきにもいた。じっと見ていても、逃げない。

 ほかの動物園でも見たことがあるけれど、ここのショウジョウトキの赤はすごくあざやかだ。担当の児島健一(こじまけんいち)さんにそう言うと「繁殖期はとくにきれいなんです」と教えてくれた。

 南アメリカのカリブ海沿岸などにいて、しめった土地にくらしている。ここには13羽。児島さんと話していると、地面にいたショウジョウトキがいつの間にか、いなくなっている。

 「わたしが入ったので、みんな木の上にあがってしまったんです」

 えっ、ごはんをくれる人なんだから近よってくるんじゃないんですか?

 「けがや病気の治療でつかまえられたのを覚えているのかもしれません。休みの日に私服(しふく)で来ると、逃げないんですよ」

 最近、卵がふ化していない。「台風シーズンに重なるので、木が揺れて巣ごと落っこちてしまう。人工の巣も作ってやっているんですが、やっぱり自分たちで作った巣の方がいいみたいなんです」

 なんとか、ひながかえるように、児島さんたちは工夫を重ねている。(文・写真、佐々木央)=2021年8月配信

えさを食べるショウジョウトキ。細く長い足も赤い
えさを食べるショウジョウトキ。細く長い足も赤い

 

 

最新記事

関連記事 一覧へ