×
メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

生きもの大好き

動物園や水族館にはさまざまな生きものがいる。その魅力(みりょく)を探ろう。

(605)動かないのは警戒してる? ヒメマーラ 

2021.9.18 7:00
ヒメマーラは乾いた土地にいるので、水分の多いえさはあまりやらない=埼玉県東松山市の埼玉県こども動物自然公園
ヒメマーラは乾いた土地にいるので、水分の多いえさはあまりやらない=埼玉県東松山市の埼玉県こども動物自然公園

 

 岩場に2頭いる。1頭は腹ばい、もう1頭は犬の「おすわり」の姿だ。目の周りが白いので、黒い目玉がくっきり。
 埼玉県東松山市の埼玉県こども動物自然公園にある「eco(エコ)ハウチュー」で、ヒメマーラに初めて会った。
 ecoハウチューは、エネルギーをあまり使わない「eco」な「ハウス」(家)に「チュー」(ネズミの仲間たち)がくらす建物。
 ヒメマーラもネズミの仲間だ。「マーラに似ていますが、名前に『ヒメ』がつくように、体はマーラより小型です」と飼育係の藤嶋浩義(ひろよし)さん。
 ヒメマーラもマーラも南米のアルゼンチンなどにいる。日本でヒメマーラを飼育している動物園は少ない。
 2頭はどちらもオス。けんかしませんか?
 「ここで生まれた兄弟なんです。ずっといっしょにいるから、けんかはしません」
 見ている間、ほとんど動かない。「警戒心が強いんです。人がいないときには動き回っていますが、人が通ったり、こんなふうに前にいたりすると、じっと警戒していることが多いです」
 びっくりするとパニックになるので、えさやそうじで中に入るときも注意する。「かれらがぼくらの動きを予想できるように、ゆっくり動いて、何か話したり、音を出し続けたりしています」(文・写真、佐々木央)=2020年1月配信

最新記事

関連記事 一覧へ