メニュー 閉じる

47News

文化

文化

生きもの大好き

動物園や水族館にはさまざまな生きものがいる。その魅力(みりょく)を探ろう。

(419)愛は一方通行なんです   バンクイナ

2018.2.13 13:17
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 黄色いくちばしが見えた。体は黒っぽい。細身の鳥だ。北九州市の到津の森公園の大きなケージ「こもれびの径(みち)」。中に入ってすぐの池のそばにいたので、よく見ようと近づくと、草かげにかくれてしまった。

朝、見に行くと、いつもの草かげから出ていたバンクイナ。でも、すぐににげていった
朝、見に行くと、いつもの草かげから出ていたバンクイナ。でも、すぐににげていった

 担当の中嶋麻海(なかしままみ)さんによるとバンクイナという鳥で、バンとよばれることも多い。
 すがたが見えても、近よると、どんどんにげる。「ここには7種20羽以上の鳥たちがいますが、その中でも警戒心が強い方だと思います」と中嶋さん。
 「こもれびの径」の入り口に書いてあった「たのしみかた」を思い出した。「声をださず、しずか~に入ってみる」「そろ~り、ゆっくりしのび足であるく」。そうだ、木や森になればいいんだ。
 そう思ってじっとしていると、ほかの鳥は通路を横切ったり、目の前を飛んだりしたけれど、バンクイナは出てこない。
 草かげにいるのをじっくり観察すると、くちばしは先が黄色で根元はピンクがかった赤、せなかはちょっと茶色がまじっていて、おしりと体のわきには白いところもある。きれいな鳥だ。
 バンクイナは小さなミルワームという虫をやると、草かげから出てくることもある。でも、中嶋さんでも、あまり近づくとにげてしまうそうだ。
 「残念ながら愛は一方通行なんです」(文・写真、佐々木央)

最新記事

関連記事一覧