メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

(239)秘密保護法案を閣議決定

 政府は機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案を閣議決定し、国会に提出した。機密情報に関する表現を見てみよう。

「内閣は防衛や外交問題に関する機密情報の漏えいに、より重い罰則を科す法案を決めた」

"The Cabinet approved a bill to impose tougher penalties for leaking classified information on defense and diplomatic issues."

 「機密情報」は "confidential information" とも言う。「国家機密」は "national secret" だ。「外務省の職員が記者に国家機密を漏らした」は「漏えいする」"leak" を使い "A Foreign Ministry official leaked national secrets to a journalist." などと言う。政府は国の安全保障に支障を与える恐れのある「外交、防衛、スパイ、テロ活動に関する情報」"information concerning diplomacy, defense, spying and terrorist activities" を「特定秘密」"special secret" に指定。「秘密保護法」"secrecy law" の早期成立を目指しているが、国民の「知る権利」"right to know" や「報道の自由」"freedom of the press" が侵害されるとの批判が出ている。