×
メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

(240)メニュー偽装

 メニューの表記と異なる食材を使っていたことが発覚した阪急阪神ホテルズの出崎弘社長が、責任を取り辞任を表明した。会見で述べた偽装に関する発言を見てみよう。

「お客さまへの裏切り行為で、メニューを偽装したと受け取られても仕方ない」

"We betrayed our customers, and we can't deny the allegation that we falsified our menus."

 問題が表面化した当初、阪急阪神ホテルズは「故意の偽装」"deliberate deception" ではなく、従業員の認識不足による「誤表示」"mislabeling" と位置付けていた。「偽装」は"fabrication" や "falsification" も使える。ザ・リッツ・カールトン大阪など各地のホテルでも同様の「食材虚偽表示」"false menu description" スキャンダルが相次いで発覚。「手作り」"handmade" のデザートと表記しながら実際は「既製品のチョコレートソース」"ready-made chocolate sauce" を使用したりしていた。「このレストランはメニュー表記と違う食材を使った」は "This restaurant used food ingredients different from those described on menus." と言える。