メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

(250)ロシアが米記者「追放」

 ロシア政府はプーチン政権を批判していた米政府系ラジオの記者に対するビザ延長を拒否した。記者は短文投稿サイト「ツイッター」で「国外追放」されたと訴えた。

「知っている人もいると思うが、私はロシアから追放された」

"As some of you may know, I've been expelled from Russia."

 "expel"は国外追放のほか「彼は学校を退学させられた」"He was expelled from the school."のようにも使える。不法滞在や不法入国した外国人を母国などに強制的に送り出す「強制退去(送還)」には"deport"も使う。この記者は著書などでプーチン政権を批判しており、外交の世界でいう「好ましからざる人物(ペルソナ・ノン・グラータ)」"persona non grata"と見なされたもようだ。「追放」には"exile"も使え、これには「亡命」の意味もある。「追い出す」の表現には"kick out"や"eject"なども使える。「彼女はアパートから追い出された」"She was kicked out of her apartment."や「少年は暴言を理由にサッカーの試合から退場させられた」"The boy was ejected from the soccer game for bad language."などのように言う。