メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

(259)「体力の限界」で引退

 大相撲で欧州出身初の大関となった 琴欧洲 が、体力の限界を理由に現役を引退した。 琴欧洲 は引退理由とともに、相撲に対する思いを記者会見で打ち明けた。

「精神的にも体力的にも限界だった」

"I was at my limit mentally and physically."

 「限界」は "limit" だ。「選手としての限界を感じた」"I've reached my limit as an athlete." のように使う。琴欧洲の「引退」"retirement" はファンに惜しまれたが、相撲の引退は "hang up one's mawashi"「まわしを(外して)掛ける」と比喩的表現もできる。「まげを切る」に近い語感だ。野球選手なら「松井選手は野球界から引退した」"Matsui put down his bat." などと言える。役者なら「ステージを降りる」"leave the stage" となる。一般的な退職は "retire from office" や "leave one's job" を使う。琴欧洲は「日本に来て、お相撲さんになって本当に良かった」"I am really glad that I came to Japan and was able to be a sumo wrestler." と、引退に「悔いはない」"have no regrets" と語った。