×
メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

(262)能力超えていた

 小保方晴子氏のSTAP細胞論文に不正があったと指摘されたことについて、小保方氏は意図的な不正ではなくミスだったと主張した。しかし、論文をまとめる作業では自分の力不足を認めた。

「私の能力をはるかに超えていたのかもしれません」

"I may have been in way over my head."

 「能力を超えている」は、身の丈を超えた状況にあるという意味の "in (a situation) over one's head" が使える。ここでは "way"「はるかに」を入れて強調している。「力不足」であることを、海やプールで背の立たない深みにはまった状態に例えて "Paul was out of his depth."「ポールの手に負えなかった」などとも言える。高い能力が求められる状況にいきなり置かれることは「プールの底が深くなっている方に投げ込まれる」との表現を使い "I was thrown into the deep end of the pool." と言える。小保方氏は論文をまとめるに当たり「不注意さと未熟さ」"carelessness and inexperience" があり深く反省していると述べた。