メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

(271)「レリゴー」が大ヒット

ディズニー映画「アナと雪の女王」が日本でも大ヒット中だ。人気の秘密は主題歌の「レット・イット・ゴー~ありのままで~」にもある。この曲のタイトルに関する表現を見てみよう。

「『レット・イット・ゴー』は日本人の心に響いた。女性への応援歌になった」

"The song 'Let It Go' has struck a chord in Japanese people's hearts and emerged as a cheer-up song for women."

 「アナ雪」ヒットの背景を専門家はこう分析した。「レリゴ―」と親しまれ歌われている「レット・イット・ゴー」"let it go"は、悩みやしがらみから自分を解き放ち「それでよしとする」の意味だ。物を凍らせる力を隠して「良い子」"good girl"を演じていた女王エルサの気持ちが表れたフレーズと言える。"let it go"には「あきらめる」"give up"や「放っておく」"leave it alone"の意味もあり"She finally let it go."「彼女はついにあきらめた」のように使える。似たような表現にビートルズの曲で有名な"let it be"もあるが、こちらは現実を受け入れ「成り行きに任せる」のニュアンスだ。呪縛から逃れたエルサはさらに"That perfect girl is gone."「あの完璧な少女はもういない」と、ありのままに生きる決意を歌った。