メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

(276)個人情報漏えい

 ベネッセコーポレーションの顧客情報が流出した史上最大規模の漏えい問題。ベネッセの情報管理を強く批判した下村博文文部科学相の発言から、情報漏えいに関する表現を見てみよう。

「個人情報の漏えいは許されない」

"Personal information leaks are unacceptable."

 "leak" は "a leaking roof"「雨漏りしている屋根」のように漏れることを意味する。"information leak" は「情報の漏えい」だ。「少なくとも顧客760万人分の個人情報が漏れた」は "Personal information on at least 7.6 million customers was leaked." と言える。似た表現に "reveal"「明かす」や "disclose"「暴く」もある。セキュリティーを破る場合は "breach"「法律や約束などを破る」を使って "A system engineer breached security."「システムエンジニア(SE)がセキュリティーを破った」などと言う。情報を漏えいした人は "leaker" と言うが、公益のために会社や役所の秘密を通報した人は "whistle-blower"「内部告発者」と呼ばれる。