メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

(279)タイで代理出産

 タイの首都バンコクで、日本人男性が代理出産で産ませたとされる9人の乳幼児が見つかった。代理についての表現を見てみよう。

「9人の乳幼児はみな代理出産で生まれ、父親は裕福な日本人ビジネスマンだ」

“Nine babies are all surrogate babies whose father is a rich Japanese businessman."

 日本人男性の弁護士がこう明らかにした。"surrogate" は主に代理出産に関する場合の用語で、ほかの状況ではあまり使われない。"surrogate mother" なら「代理母」で "surrogate child" なら「代理出産で生まれた子ども」の意味になる。一般的に「代理」を意味するのは "substitute" や "proxy" で、"sugar substitute"「砂糖の代用品」や "proxy war"「代理戦争」のように使われる。「代行の」は "acting" を使って "acting president"「社長代行」や "acting principal"「校長代行」などと言う。「~に代わって」は "on behalf of" を使い "My friend did homework on behalf of my sister." と言えば「友人が妹の代わりに宿題をやった」の意味だ。