メニュー 閉じる

47News

文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

(281)氷山の一角

 国境なき医師団(MSF)は西アフリカで拡大しているエボラ出血熱について、死者や感染者数は報告されているよりさらに多く、事態はもっと深刻との見方を示した。

「これは氷山の一角だと思う」

"I think it is the tip of the iceberg."

 MSF関係者の発言だ。"the tip of the iceberg" は文字通り「氷山の一角」の意味で、"tip" は水面から出ている「先端」のこと。事態はより深刻だと言うときは "underestimated"「過小評価されている」も使われる。世界保健機関(WHO)も声明で "The numbers of reported Ebola cases and deaths vastly underestimate the magnitude of the outbreak."「報告されているエボラ熱感染者や死者数では発生の規模を見くびることになる」と説明した。 "magnitude" 「マグニチュード」は地震の規模を示す単位としてよく使われるが、それ以外にもさまざまな現象の規模や大きさを言うときに使える用語だ。"outbreak" は伝染病などの「突然の発生」を指す。