メニュー 閉じる

47News

文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

(294)錦織選手の悔しい思い

アジア人として初めて男子テニスATPツアー・ファイナルのシングルスでベスト4に入った錦織圭選手は、準決勝で敗れ悔しい思いを語った。

「最終的に、負けるのはやっぱり悔しい」

"In the end, it is disappointing to lose no matter what."

 準決勝後の記者会見で錦織選手はこう述べた。"disappointing" は「失望させるような」の意味で、同様に "frustrating" も使える。「悔しい!」と声をあげるときは "How frustrating!" だ。「がんばって勉強したのに合格点が取れなくて悔しい」は "I did my best in studying but it is frustrating that I was not able to get a passing score." と言える。錦織選手は「結局は勝たないと悔しさが残る」と続けたが、これは "feel bad" を使って "It feels bad if I can't win in the end." と言える。"no matter what" は「何があっても」「やっぱり」の意味。"You are my friend no matter what."「何があっても君は私の友人だ」のように使える。