メニュー 閉じる

47News

文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

(296)何も学んでいない

 ローマ法王フランシスコは核兵器の脅威がいまだに続いていることについて、われわれは歴史から「何も学んでいない」と嘆いた。「学ぶ」についての表現を見てみよう。

「人類は広島や長崎の原爆から何も学んでいない」

"Mankind has learned nothing from the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki."

 法王は訪問先のトルコからの帰途こう述べた。"learned nothing" は "not learned anything" とも言い換えられる。"learn" は「学んで身につける」という意味だ。「和食を食べる時に箸を使うことを覚えた」は "I learned to use chopsticks when eating Japanese food." と言える。似た表現でも "study" は「努力して勉強すること」に重きをおいており "I study English hard."「英語を一生懸命勉強している」のように使う。また「知識などを身につける」「獲得する」の意味では "acquire" もあり "I acquired my cooking skills from my mom."「料理の仕方を母から習った」などと言う。「よく学びよく遊べ」は "Work hard and play hard." だ。