メニュー 閉じる

47News

文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

(299)屈しない、とソニー

 北朝鮮の金正恩第1書記暗殺計画を描いた米コメディー映画「ザ・インタビュー」の公開が映画館へのテロ予告を受けいったん中止された問題で、映画会社は要求に屈したわけではないと強調した。

「われわれは屈服していない。屈してはいない」

"We have not caved. We have not given in."

 映画を製作したソニー・ピクチャーズエンタテインメントのマイケル・リントン最高経営責任者の発言だ。「屈服する」は "cave in" と言い、ここでは "in" が省略されている。"cave" は「崩れ落ちる」という意味で降参することを表す。"give in" も同じ意味だ。"My parents caved in to my begging and bought me a new personal computer."「両親は私の懇願に負けて新しいパソコンを買ってくれた」や "give in to kidnappers' demands"「誘拐犯の要求を受け入れる」のように使う。自分の意思で放棄して「諦める」は "give up" だが、何かの要求に折れて従う場合には "give in" が適している。リントン氏は映画公開について "We have not backed down."「撤回しない」とも主張した。