メニュー 閉じる

47News

文化

文化

英語で言えた

「こんな時、英語ではどういえばいいのだろう」「この英語の意味は」。「英語で言えた!」は、主要ニュースの中から注目される英語表現や日本語表現の英訳を取り上げ、背景や英語の言い回しなどを分かりやすく解説します。

Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

(302)経済危機から脱出と宣言

 オバマ米大統領は一般教書演説で「危機の影が去った」と述べ、2008年に始まった経済危機から米国が脱出したとの自信を示した。

「危機の暗い影は過ぎ去り、米国は力強い状態にある」

"The shadow of crisis has passed, and the State of the Union is strong."

 "shadow"は人や物の「影」のことだ。オバマ大統領はここでは"shadow"を「暗雲」"dark cloud"や「脅威」"threat"の意味で使っている。「原発事故は国のエネルギー政策に影を落とした」なら"The nuclear power accident cast a shadow over the nation's energy policy."と表現できる。英国で野党が将来の政権奪取に備える「影の内閣」は"shadow cabinet"と呼ばれる。同じ「影」でも、"shade of a tree"は日光が遮られてできた「木陰」で、"shadow of a tree"と言えば木の形をした影を指す。「一般教書演説」と訳される"State of the Union address"は文字通り"Union"「連邦国家」、つまり米国の" state"「現状」を大統領が説明する重要な演説だ。