メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

センター試験 2016

国公立大、後期日程始まる  欠席率は56・4%

2016.3.14 0:00 共同通信

 国公立大2次試験の後期日程が3月12日、各大学で始まった。文部科学省によると、1時間目の受験者数は7万5292人で、欠席率は昨年より0・3ポイント増の56・4%だった。

 後期日程は141大学452学部が出願を受け付け、18万6119人が志願していた。12日は133大学420学部で実施された。合格発表は20日から。

 国立の欠席率は昨年より0・3ポイント増の56・3%で、公立は0・2ポイント増の56・4%。大学別でみると、国立は一橋大の81・7%が最も高く、名古屋大77・5%、上越教育大69・3%と続いた。公立は神戸市看護大の68・8%が最も高かった。

最新記事