メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日蘭仮装パーティーの水彩画発見 江戸で出島商館長らと交流

2019.9.14 10:00 共同通信
オランダで見つかった「長崎屋宴会図」。左端は商館長ブロンホフ、下左が商館員フィッセル。上の洋装の3人は(左から)馬場貞由、桂川甫賢、神谷弘孝(神田外語大付属図書館蔵)

オランダで見つかった「長崎屋宴会図」。左端は商館長ブロンホフ、下左が商館員フィッセル。上の洋装の3人は(左から)馬場貞由、桂川甫賢、神谷弘孝(神田外語大付属図書館蔵)

 江戸時代後期に長崎・出島のオランダ商館長らが和装し、日本の蘭学者が洋装して、商館長一行の江戸滞在時の定宿「長崎屋」で“仮装パーティー”を楽しむ様子を描いた水彩画が、14日までにオランダで見つかった ...

関連記事 一覧へ