見直し規定短縮は「社会的重要性鑑みた」

2022年12月08日
共同通信共同通信

 岸田文雄首相は参院本会議で、被害者救済法案に関し、施行後3年をめどとしていた見直し規定が2年に短縮されたことについて「法案の社会的な重要性に鑑み、迅速かつ適時に行っていくことが明確化された」と意義を強調した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/