菊池事件で遺族が熊本地裁に再審請求

2022年12月04日
共同通信共同通信

 ハンセン病患者とされた男性が隔離先の特別法廷で死刑判決を受け、1962年に執行された「菊池事件」で、遺族が昨年4月、熊本地裁に再審請求をしていたことが4日、分かった。弁護団は受理されたとしている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/