浴槽で長女死亡、父親に無罪判決

2022年12月02日
共同通信共同通信

 自宅で入浴中に生後7カ月の長女の首を手で圧迫して死亡させたとして、傷害致死罪に問われた父親(27)の裁判員裁判の判決で、大阪地裁は2日、無罪を言い渡した。求刑は懲役5年だった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/