野生タンチョウから高病原性鳥インフル確認

2022年11月28日
共同通信共同通信

 北海道は28日、釧路市で見つかった野生のタンチョウから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。環境省によると、国の特別天然記念物タンチョウの野生個体で高病原性の確認は国内初。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/