救済新法洗脳下寄付取り消し規定必要75%

2022年11月27日
共同通信共同通信

 共同通信社の全国電話世論調査によると、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡る被害者救済新法について、マインドコントロール(洗脳)された人の寄付の取り消し規定が必要との回答が75.8%に上った。必要ないは20.7%。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/