佐川氏に改ざん謝罪の義務ない、と大阪地裁

2022年11月25日
共同通信共同通信

 財務省の決裁文書改ざんを巡る訴訟で、請求を棄却した大阪地裁判決は、佐川宣寿元国税庁長官が自殺した職員の遺族に対し「謝罪や説明をする法的義務はない」と判断した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/