加藤が全仏テニス失格で提訴 危険行為に当たらずと不服

女子ダブルス3回戦で失格となり、涙ぐむ加藤未唯(右)、アルディラ・スーチャディ組=4日、パリ
女子ダブルス3回戦で失格となり、涙ぐむ加藤未唯(右)、アルディラ・スーチャディ組=4日、パリ
  • 女子ダブルス3回戦で失格となり、涙ぐむ加藤未唯(右)、アルディラ・スーチャディ組=4日、パリ
  • 女子ダブルス3回戦で審判(左上)と話す加藤未唯(右下)、アルディラ・スーチャディ組=4日、パリ(共同)
2023年06月06日
共同通信共同通信

 【パリ共同】女子テニスの加藤未唯(28)が4日にパリで行われた全仏オープン女子ダブルス3回戦で失格になったことを不服とし、四大大会側に提訴したことを明らかにした。5日に混合ダブルスで4強入りを決めた際に記者会見し、失格理由になった「危険な行為」には該当しないなどと主張した。

 問題の試合では第2セット途中、ポイント間に相手コート側に送った球がボールガールを直撃。危険な行為とみなされて失格になった。加藤は強い球を当てたわけではないとの認識で、大会の運営責任者に動画の確認を求めたが「ビデオを見ることはできない。アンラッキーだったね」と突っぱねられたという。

 一度は警告を言い渡されながらも対戦相手が主審に抗議した後、判定が変わった点にも不満を示し「納得がいっていない状況」と語った。

 他選手らからも失格を疑問視する声が相次いでいる。会見で涙を流し、憔悴した様子だった加藤は行為自体については「故意でないにしても彼女に当たったのは事実だった。それだけは謝りたかった」とした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/