中村邦夫さんが死去 元松下電器産業社長

2022年11月30日
共同通信共同通信

 旧松下電器産業(現パナソニックホールディングス)の元社長、中村邦夫(なかむら・くにお)さんが11月28日午前8時20分、肺炎のため大阪府守口市の病院で死去した。83歳。滋賀県出身。葬儀・告別式は近親者で執り行った。喪主は長男哲士(てつし)さん。後日、お別れの会を開く。

 1962年に松下電器産業入社。常務、専務を経て、2000年に社長に就任。「破壊と創造」を掲げて構造改革を推進。1万3千人もの人員削減を断行した。06年に会長に就任。07年からは、日本経済団体連合会副会長も務めた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/