豪州が3大会ぶり白星 ポーランドはサウジ下す

チュニジアに競り勝ち、抱き合い喜ぶオーストラリアイレブン=アルワクラ(共同)
チュニジアに競り勝ち、抱き合い喜ぶオーストラリアイレブン=アルワクラ(共同)
2022年11月27日
共同通信共同通信

 【アルワクラ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会第7日は26日、ドーハ近郊のアルワクラなどで1次リーグが行われ、D組でオーストラリアがチュニジアを1―0で退け、3大会ぶりの白星を挙げた。C組はポーランドが2連勝を狙ったサウジアラビアを2―0で下して1勝1分けとした。FWレバンドフスキがW杯初ゴールを挙げた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/