NY株続伸、95ドル高 FOMC議事録を好感

2022年11月24日
共同通信共同通信

 【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比95.96ドル高の3万4194.06ドルで取引を終えた。米FRBが今月上旬に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録が公表され、利上げペース鈍化の可能性を示したのが材料視された。

 議事録では出席者の多くが「利上げペースの減速が近く適切になる可能性が高い」との見方を示した。米長期金利が低下し、相対的に割安感が意識されたIT株が買われた。ただ、感謝祭前日で市場参加者が少なかったため上値は重かった。

 ナスダック総合指数も続伸し110.91ポイント高の1万1285.32。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/