コロナ、第7波の26万人超えも 前週比1.4倍、10万人近づく

新型コロナ対策を助言する専門家組織の会合であいさつをする加藤厚労相=9日午後、厚労省
新型コロナ対策を助言する専門家組織の会合であいさつをする加藤厚労相=9日午後、厚労省
2022年11月09日
共同通信共同通信

 8日までの1週間に報告された新型コロナウイルスの新規感染者数が、前週比で1.40倍となり、全都道府県で増加したことが9日、厚生労働省の集計で分かった。9日の新規感染者数は8万7千人を上回り、10万人に近づいた。新型コロナ対策を厚労省に助言する専門家組織は会合を開催。終了後に会見した脇田隆字座長は現在の感染拡大がピーク時に26万人に達した第7波と同じくらいか「それを超える可能性がある」との認識を示した。

 直近の1週間では10万人あたりの感染者数は北海道が850人と全国でも突出している。脇田座長は寒冷地では換気が行われにくくなっている点などを指摘した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/