「イデコ」利用しやすく 10月から、資産形成を後押し

確定拠出年金併用のイメージ
確定拠出年金併用のイメージ
2022年09月30日
共同通信共同通信

 公的年金に上乗せする私的年金「確定拠出年金」を巡り、個人が掛け金を支払う「iDeCo(イデコ)」が10月から使いやすくなる。会社側が掛け金を出す「企業型」と併用する際の労使合意が不要となり、一定の条件下で双方の掛け金配分を調整できる。

 確定拠出年金は、運用結果に応じて受取額が決まる。政府は加入者を増やし、老後に備えた資産形成を後押しする狙い。2020年成立の年金制度改革関連法に今回の変更が盛り込まれていた。イデコは掛け金が全額所得控除になるなど税制優遇が受けられる。

 現行制度では、企業型に入っている会社員がイデコに加入するには労使合意に基づく規約が必要。10月以降、この規約を不要とし、基本的に希望する会社員は全てイデコに加入できる。

 金額面を見ると、イデコ2万円、企業型との合計5万5千円の上限(月額)は変わらない。一方で、3万5千円の企業型の上限を撤廃。これにより、例えば企業型4万5千円、イデコ1万円といった配分が可能となる。

 掛け金が年間払いでなく毎月支払っていることなども条件となる。ただし確定拠出型とは別の企業年金であり、受け取る額があらかじめ決まっている「確定給付年金」にも入っている場合は、上限額が変わる。

 このほか現行ではイデコに加入できるのは64歳までだが、政府は65歳以上にも対象年齢を拡大する方向で検討を進めている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/

新聞社の注目記事

急病の男児を乗せた救急車の搬送妨害疑い 「近所迷惑やろ」窓ガラスたたくなどした会社役員逮捕 芦屋
02月02日
神戸新聞神戸新聞
福島県南相馬市産の配膳ロボが稼働 市内のとんかつ店で人手不足解消
02月01日
福島民報福島民報
胸の大きい女性、仕事着すっきり 鶴岡出身・和田真由子さん、コナカと共同開発
02月02日
河北新報河北新報
女子中高生ら参加の集団性交事件、客の高校教諭を女子高生買春容疑で逮捕
01月31日
京都新聞京都新聞
「私はもうパスですから」 菅義偉氏が首相再登板を否定 岸田首相の増税表明には「ちょっと荒っぽかった」
02月02日
神奈川新聞神奈川新聞
スシロー迷惑動画問題で被害届提出 岐阜市内の店舗と公表、当事者から謝罪も「厳正に対処」
02月02日
岐阜新聞岐阜新聞
  • 47NEWS公式Twitter
  • 2023年度 大学入学共通テスト
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 47NEWS公式Twitter
  • 2023年度 大学入学共通テスト