製紙工場でボイラー爆発か、福島 従業員男性1人負傷

ボイラーの爆発事故があった、いわき大王製紙の工場内の建物=6日午前、福島県いわき市
ボイラーの爆発事故があった、いわき大王製紙の工場内の建物=6日午前、福島県いわき市
2022年09月06日
共同通信共同通信

 6日午前6時50分ごろ、福島県いわき市南台4丁目のいわき大王製紙の工場で「爆発音がした」と通行人から119番があった。いわき市消防本部によると、ボイラーが爆発したとみられ、男性が負傷した。救急搬送時に意識はあったという。

 同社の説明では、負傷したのは関連会社いわきエコ・パルプの従業員(60)。爆発でボイラーがある部屋の壁が剥がれるなどしたが、火の手は上がらなかった。

 現場はJR常磐線植田駅から北西約5キロの工場が立ち並ぶ地域。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/