海水浴の男児と祖父死亡 新潟・柏崎、流され救助

2022年08月16日
共同通信共同通信

 16日午後2時15分ごろ、新潟県柏崎市東港町の柏崎中央海水浴場で泳いでいた中村櫂斗君(8)が流された。約3時間後に約400メートル離れた浅瀬で見つかったが、搬送先で死亡が確認された。救助しようと祖父の中村隆さん(69)も海に入ったが溺れたとみられ、救助され病院に運ばれたが死亡が確認された。県警が2人の死因や詳しい状況を調べている。

 柏崎署によると、櫂斗君は中村さんと姉の計3人で埼玉県川越市から訪れていた。櫂斗君が1人で海に入っていたところ流された。波の高さは当時1.5~2メートルあったという。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/