クリミアの弾薬庫攻撃示唆 奪還へロ軍を「非武装化」

16日、ウクライナ・クリミア半島ジャンコイでの爆発で立ち上る煙(ロイター=共同)
16日、ウクライナ・クリミア半島ジャンコイでの爆発で立ち上る煙(ロイター=共同)
2022年08月17日
共同通信共同通信

 【キーウ共同】2014年にロシアが強制編入したウクライナ南部クリミア半島の北部ジャンコイにあるロシア軍弾薬庫で16日、大規模な爆発が起きた。ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問はツイッターで「非武装化の活動中だ」と表明。ロシア軍に抵抗するウクライナ側による弾薬庫攻撃だと強く示唆した。

 クリミアでは9日に西部にあるロシア軍のサキ航空基地で爆発があったばかり。ウクライナ側はロシア軍の補給路を断つことで戦局の打開を狙っているもようだ。ゼレンスキー大統領は16日までにクリミア奪還に向けた諮問会議設立の大統領令に署名した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/