「これから死にに行くんだ…」特攻隊員が自宅に下宿 陽気な振る舞い 胸に残る

旧松屋旅館に残されている落書き(写真、左)、当時の特攻隊員の写真を示し、「優しく陽気な人たちだった」と話す久保さん=大村市松原本町
旧松屋旅館に残されている落書き(写真、左)、当時の特攻隊員の写真を示し、「優しく陽気な人たちだった」と話す久保さん=大村市松原本町
2022年08月13日
長崎新聞長崎新聞

 長崎県大村市の北部に位置する松原地区。太平洋戦争末期、大村海軍航空隊の基地で特攻隊の訓練が行われ、同地区には出撃を控えた隊員たちが滞在していた。当時、自宅に5人の隊員が下宿していたという久保芳子さん ...

記事全文を読む
長崎新聞社長崎新聞社

長崎新聞のニュースサイトです。長崎の社会、経済、スポーツ、文化などのニュースを掲載しています。 https://www.nagasaki-np.co.jp/