三内丸山、遺構が一部浸水 損壊や流失なし、青森

水に漬かった三内丸山遺跡の「南盛土」=12日午後、青森市
水に漬かった三内丸山遺跡の「南盛土」=12日午後、青森市
2022年08月12日
共同通信共同通信

 世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」を代表する三内丸山遺跡(青森市)の一部遺構が、大雨の影響で浸水していることが12日、青森県への取材で分かった。県によると、3カ所の遺構が浸水したが、損壊や流失はないという。

 三内丸山遺跡センターによると、水に漬かったのは「南盛土」「子どもの墓」「大人の墓」。子どもの墓は見学を中止している。

 これまでも雪解け水などで浸水することはあったというが、センター職員は「今まで経験のない水量だ」と話した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/