万博「出展に向けて全力」 外食協会、一時は辞退方針

記者会見する大阪外食産業協会の中井貫二会長=12日午後、大阪市
記者会見する大阪外食産業協会の中井貫二会長=12日午後、大阪市
2022年08月12日
共同通信共同通信

 大阪外食産業協会の中井貫二会長(千房ホールディングス社長)は12日、大阪市内で記者会見し、2025年の大阪・関西万博の民間パビリオンについて「出展に向けて全力で取り組みたい」と述べた。同協会は一時辞退の方針を固めていた。万博を運営する日本国際博覧会協会と出展に向けた協議を続けていることも強調した。

 大阪外食産業協会は2月、「新・天下の台所~食博覧会・大阪2025(仮称)」というテーマで、万博への出展が内定していた。ただ、8月上旬には辞退する方針を固めたことが明らかになった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/